夏フェスの持ち物をくわしく解説♡【必需品リスト編】その2


フェスイメージ画像
夏フェスの持ち物解説【必需品リスト編】後半戦スタート!

前半戦をまだ読んでない方は
こちらからどうぞ♪

⇒ 夏フェスの持ち物をくわしく解説♡【必需品リスト編】その1


スポンサーリンク



夏フェスこれだけは持ってこ!~必需品編~くわしく解説♪ 後半戦

あくまで管理人nekoのフェス必需品なので、
解説を読んでみて

場所や環境によって
いる・いらないはご自由に判断してくださいね♪

なにか質問があれば、お問い合わせから
ご連絡いただいてもOKですよー(・ω<)


□ 雨具

ポンチョ画像

野外フェスでは基本的に危ないので傘は禁止です。

なので天候が変わりやすい郊外型の野外フェスには
小さく収納できる雨合羽ポンチョを!

女子の場合は
小さくたためるタイプのポンチョが断然おすすめ

ズボンタイプは脱ぎ着するのがちょっと大変&恥ずかしいし、
ワンピだとそもそも履けない・・(´・ω・`)。

その点ポンチョタイプは、どんな格好でもOKですし
リュックを背負ったまま
上からかぶることもできて楽チン!しかも見た目もカワイイ♪

野外フェスおすすめポンチョ こちらから >>>

※ちなみに100均などの
使い捨てのものは

すぐに汗で内部が蒸れて、暑い&汗でびしょびしょになるので
フェスにはオススメしません(体験談)/ww


□ 帽子
フェス帽子イメージ

http://www.ca4la.com/news/archives/2014/06/ca4la-2014.html

日焼け防止暑さ対策
帽子はマストアイテム!

おしゃれを楽しむか実用的にするか
悩みどころですが

ハット麦わら帽子などはめちゃカワイイ反面
雨が降るとアウトなので
山や森などの天気が変わりやすいところなら
防水加工の帽子にするほうがベストです(*^_^*)

開催場所によって
おしゃれ度と実用度を変えていくといいですよ!


□ 保険書コピー

そこまで必要ないでしょーと思うかもなんですが
やっぱりたくさんの人が集まったり、
普段と違う環境にいると、

万が一の病気ケガって結構あるものなんです(´・ω・`)

本物の保険証は落とすと大変なので
家に置いといて

コピーをお守り代わり
荷物の底にしのばせておきましょう!


□ 日焼け止め
□ 虫除け

虫除け

夏フェスは基本的にめっちゃ暑いので
日焼け対策はしすぎてもしすぎることはありません(´゚д゚`)

メイクは落ちるの覚悟で薄めにして
日焼け止めを何度も塗り直すほうがいいです。

がっつりメイク直しをするのは日が暮れてからにしましょう!

また山や川、海が近いフェスは虫も避けられません。
スプレーをふっておくのもいいですし

腕につけるだけのおしゃれな虫除けリング
ペタっと張るだけの虫除けシールもあるので
ファッションと一緒に楽しんじゃうのもいいですね♪


□ ポケットティッシュ
□ ウェットティッシュ

ウェットティッシュ
この2つを持ち物リストに載せること自体
管理人の女子力の低さが伺えます・・笑

モテる大人女子なら
普段から持ってるアイテムかも(*^_^*)

フェスの簡易トイレや
食事をとるときなど
とにかく野外は汚れやすいので絶対に役立ちます!

100均などのあえて枚数の薄いものにして
ムダに重くならないようにするのがコツ!


□ サングラス

サングラス画像

これもファッションアイテムなんですが
夏フェスの日差しほこり
なめちゃいけません!

サングラスがあるとないとでは大違い!!

みんなで派手なサングラスをするのも
夏フェスのいい思い出になりますよ♪

おしゃれで派手なサングラス こちらから >>>


□ 薄手のパーカーやウィンドブレーカーなどの長袖(日焼け防止と寒さ対策に)
□ 着替え

長袖画像

http://matome.naver.jp/odai/2133774326333466101

日除け対策寒さ対策でとして
1枚長袖は持ってって損はないアイテム!

ウインドブレーカーなど、できるだけ薄手のもののほうが
荷物にならなくてすみます。
シャツなどを腰に巻いておくのもいいですね♪

色はやっぱ派手なのがフェス気分もアガります(・ω<)

できれば汗や雨で濡れたときなど用に
Tシャツなどの着替えをかばんに押し込んでおきましょう!


□ ゴミ袋

なんでわざわざ?とお思いでしょうが
ゴミ袋はかなりの万能選手なんです!

レジャーシート代わりや
突然の雨のとき荷物やイスを守ってくれたり

濡れた服をかばんに入れるときなど
様々な場面で役立ちます!

ちょっと大きめのもの1枚を小さく折りたたんで
かばんのポッケにしのばせておきましょう☆彡


□ 小さい懐中電灯(キーホルダータイプがおすすめ)
懐中電灯画像

野外フェスの夜は思ってる以上に暗いです!

しかも人混みもすごいので
足を踏み外したり、
水たまりにつっこんだりと思わぬケガの原因にも(´゚д゚`)

帰り道の足元だけ照らせれば充分なので
ミニサイズのキーホルダータイプや、
カラビナがついてる懐中電灯をかばんにぶら下げておくと
安心ですよー♪

カラーがかわいいものだとコーディネイトも楽しめますね!

カラフルなLEDミニ懐中電灯  こちらから >>>

夏フェス持ち物 解説まとめ

いかがでしたか?
夏フェスといってもほんとに規模や会場、
場所によってさまざまなので

服装や持ち物もそれに合わせて
自分のマイ・ベストを作っていけると
ますますフェスを楽しめますよ♪

今年の夏フェス
めいっぱい楽しんじゃってくださいねー(・ω<)

もし本日の記事が役にたった♪と思ったら
下にあるSNSボタンをぽちっと押して

シェアしていただけると
きっと明日も頑張れます(*^_^*)


スポンサーリンク




参考になった!という記事があればシェアいただけると、更新の励みになって嬉しいです(^o^)



Facebookでは日頃気になったファッションなどの関心事をまったりお届けしています(^o^)





このページの先頭へ