ひな祭りの献立の由来!ちらし寿司、はまぐりお吸い物の意味は?


はまぐりお吸い物画像

ひな祭りの定番の献立メニューといえば、ちらし寿司にはまぐりのお吸い物!
いつもよりちょっぴり豪華なごちそう気分も味わえて、たとえひな祭りとは無縁な年齢でも性別でも、
ひな祭りは楽しいイベントです!

でもせっかく食べるなら、きちんとその意味も知っているとまた美味しさもありがたみも違うもの!
今回は、ひな祭りの献立の定番である、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物について意味や由来を調べてみましたよ(^o^)

sponsored link

ひな祭りにはまぐりのお吸い物は深イイ理由!

はまぐり画像
はまぐりは「仲のよい夫婦の象徴」や「よい結婚」を意味するといわれています。

はまぐりって、二枚貝と呼ばれる種類で、その名のとおり、
2枚の貝殻が合わさってできているんです。

しかも実は、はまぐりの貝殻は、対(つい=ペアのこと)になっている貝殻でなければ
ぴったりと合わないというのです!

つまりもともと1対になっていた2枚の貝殻を別々にして、別の対の片方と合わせうとしても絶対にぴったりとは合わないのです。
これは、蝶番(ちょうつがい)の部分がはまぐりの場合は個体ひとつひとつで異なるためといわれています。

この特性を利用して、平安時代には「貝合わせ」という、はまぐりの貝殻をバラバラにして、
対をさがす遊びが流行っていたそうです。今で言うトランプの神経衰弱のようなものですね(*^_^*)。

「貝合わせ」は、当時かなり雅な遊びで、貝殻の内側には美しい絵巻物のような絵も描かれていたそうです。
貝合わせ

はまぐりは、こういった「対」の性質から、
「一生一人の人と添い遂げるように」、「仲の良い夫婦であるように」との願いが込められた縁起物の食べ物なんですね。

女の子の幸せを願うひな祭り、
やはり娘には良い縁に恵まれ、幸せな結婚をしてほしいというのは今も昔もかわらぬ親心ですね(^_^)

sponsored link

ちらしずしがひな祭りの定番の理由はまさかの・・!

ちらし寿司画像
ひな祭りのTHE定番!ともいって過言ではない、ちらしずし!
実はこのちらし寿司、ひな祭りとの関係にははっきりとした由来は見つかっていません。

ぬなっ(゚д゚)!!

なぜ、ひな祭り=ちらし寿司なのかははっきりとした文献などは見つかっておらずいまだ謎なんです。。。

ただ、ちらし寿司の具となる食材にはそれぞれ意味があるんです。

・えび:背中が曲がるまで長生き
・れんこん:先の見通しがきく
・豆:健康でまめに働ける

など縁起のいい意味をもつものばかりです。

おせち料理に意味がこめられているのと同じように、これらの具が祝いの席にふさわしいとされ
また三つ葉や卵人参などの色鮮やかな食材の見た目が食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなったのではと考えられています。

今回は、ひな祭りの献立の意味や由来について、
ちらし寿司やはまぐりお吸い物を調べてみましたが、(由来がはっきりしないものもあるけれど^_^;)それぞれに親の願いが込められていることがわかりました!

意味を知っていれば、ちゃんと残さず食べてもらえそうですし、なにより縁起位のよいメニューをみんなで食べることができるのはとっても幸せなことだと思います。食卓の会話も弾んで、おなかも心もハッピーなひな祭りにしたいですね!

★こちらの記事を読んだ方におすすめの記事★

ひな祭りの献立の意味や由来!菱餅の色順や甘酒、ひなあられの秘密!→

ひな祭りの由来をこどもでもわかるよう簡単に説明してみよう!→

最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

sponsored link

↓↓↓   この記事が役に立ったと思ったらいいね!してね   ↓↓↓

     

このページの先頭へ