ひな祭りの由来をこどもでもわかるよう簡単に説明してみよう!


ひな祭りイメージ画像

ひな祭りって、なにー?と、お子さんとかにきかれたときなど
意外と説明できなかったりしませんか?

「ひな祭りっていうのは、女の子の節句で、おひなさまを飾って、ひなあられを食べて、
菱餅たべて、ちらし寿司を食べて・・。えーと・・(-_-;)。はて?」

ちなみに↑は、実際にわたしが、友人のお子さんにきかれたときに
答えたセリフです(汗)

ひな祭りって、こどもにもわかるように説明するとなるとなかなか難しいですよね。

そもそも大人もあまりわかっていなかったりします。

そこで今回は、「ひな祭りとは?」「ひな祭りの由来」などについて、
こどもにも説明できるよう、まとめてみました!

sponsored link

「ひな祭り」とは?超ざっくりまとめ

黒板画像
まずは説明する大人が理解しないことにはこどもにひな祭りの由来は、説明できないですよね^^;。
ということで、できれば一度目を通しておくと説明しやすいと思います。

大人向けのひな祭り記事はこちら→

後で読むからとりあえず簡単に!という方のために

超ざっくりまとめると

① ルーツは中国
ルーツは中国で行われていた厄除けの儀式。それが日本に上陸しさらに独自のアレンジが加わったもの
② ひな人形の原型
平安時代の貴族の女の子が遊んでいたお人形遊びがひな人形の原型
③ 身代わり人形がひな人形へ
人形に身代わりとなって厄を流してもらう行事と②が合体した。
④ もとは男女の行事
女の子だけの行事ではなかったが、端午の節句ができてから女の子のお祝いになった。
⑤ はやく片付ける意味
おひなさま飾りが結婚式をあらわしているので、はやく片付ける=はやく良縁に恵まれるという意味になった

という感じでしょうか。
ちょっとざっくりしすぎてますが、あしからず(´・ω・`)

おひなさまの『ひな』ってどういう意味?

雛人形画像
そもそも「ひな」って何?鳥のひな?ピヨピヨ?
とか質問されそうなので先まわりして回答しておくと、

「ひな」はもともと「ひいな」と発音されていて、
大きなものを小さくしたもの、小さくてかわいいもの”という意味で、
平安貴族のこどもが使う小さなおままごとの道具のことをさしていたそうです。

おままごとに使う小さなおちゃわんやコップなどをイメージしてもらえばいいと思います。

つまり、ひなあそび=おままごと

ひな人形=おままごとのお人形。現代だとリカちゃん人形のようなものでしょうか(^_^)。

このひな(ひいな)人形が、だんだんとゴージャスになって現在のおひなさまの形になりました。

sponsored link

『桃の節句』というのはなぜ?

桃の花
ひな祭りのことを「桃の節句」と呼んで、
ひな人形を飾るときにも桃の花を飾ったりしますよね。(似ていますが梅でも桜でもなく桃の花です。)

これは、ちょうどひな祭りが旧暦の桃の開花時期に重なるということと、

もうひとつ、桃の木には邪気を祓う力があって
節句を祝うのにふさわしいと考えられたことから、このように呼ばれるようになったといわれています。

桃の花が女の子にふりかかるいろんな悪いムシをやっつけてくれるのかもしれません。

小さいお子さんむけの「ひな祭り」の説明

ざっくり理解できたところで、最後に小さなお子さんの説明向けにわたしなりに
超簡単にまとめてみました。

昔の中国から伝わったおまじないからきたもの。

②ひな人形の『ひな』っていうのは、かわいくてちいさいっていう意味。

③ひな人形は女の子を病気や悪いやつから守ってくれる大事なもの。投げたりしたらダメー

④ひな祭りは、女の子が元気で幸せでいられるように、家族みんなでお願いをする日

⑤ひな祭りの日のご飯には、ちゃんとお願いの意味があるので残さず食べよう。
(↑ ちゃっかり食育も盛り込んでみました)

あくまで小さなお子さん向けなので、いろいろと誤解を生むかもしれませんが、
お子さんの年齢に応じて、ご家庭でイイ感じに盛ってみてください。

男の子の兄弟がいらっしゃるご家庭なら、女の子だけずるいー!なんてことにならないように、
男の子にはべつのおまつり(端午の節句)があるよ!というのもいいかもしれません(^.^)

ひな祭りの意味や由来を知ることで、すこしでもひな祭りを楽しくなれば幸いです!

ひな祭りの由来とは?桃の節句、ひなの意味、早く片付ける理由は?→

ひな祭りの献立の意味や由来!菱餅の色順や甘酒、ひなあられの秘密!→

最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

sponsored link

↓↓↓   この記事が役に立ったと思ったらいいね!してね   ↓↓↓

     

このページの先頭へ