神社へ初詣へ行く前に!日本人なら知っておきたいマナーとお作法!


初詣イメージ

http://www.jalan.net/

もういくつ寝るとお正月(´▽`)♪

普段あまり神社やお寺に興味がなくても
初詣は、毎年行ってるよーという方が多いと思いますが、

なんとなーく出かけて
なんとなーくお祈りしていませんか?

せっかくだったら正しい作法と礼儀を守って、
参拝したいものですよね。

好きな人との初詣デートで恥をかかないためにもw

オトナ女子なら知っておくべき
初詣の基本的な参拝マナーについて、いまのうちにお勉強しておきましょう(`・ω・´)!


スポンサーリンク



初詣はまずどこからお参りすればいいの?何度も初詣してもOK?

初詣イメージ

http://takebetaisha.jp/

初詣はどこにお出かけしようかーというウキウキ気分な
気持ちでいるとついつい忘れがちなこと。

有名な神社などに初詣に行く前に
まずは、住んでいる地域の地元からの初詣が基本です(‘ω’)ノ。

日頃から身近で守ってくださる氏神様への感謝をまず伝えるという
考えですね。

絶対に地元からじゃないとダメ!というよりは
感謝の気持ちの問題なので、順番よりもどちらも参るようにすればOKです♪

しっかり順番を守りたいぞ!という場合は
以下をご参考にどうぞ(‘ω’)ノ

①自宅の神棚
②ご先祖さま(お墓や檀家のお寺)
③氏神さま(地元の神社など)
④ほかに初詣に行きたい神社など

初詣を何度も行っても大丈夫です。神様の世界では初詣のハシゴはOKです(´▽`)

初詣の服装は?普段着はダメ?

初詣イメージ

http://f.hatena.ne.jp/

日本人にとって神様というのは特別な存在なので、
普段の参拝でも基本的には正装が望ましいとされています。

特にお正月は一年のうちでいちばん最初のおめでたい日なので、
昔の人のように晴れ着や羽織袴を着るほうが本来はふさわしいです。

とはいえ、実際には正装で出かけるのはなかなか大変なこともあるので
洋服でもOKとされてます。
ただあまりカジュアルすぎない服装で、”神様に会う”という特別な気持ちを
忘れずにお出かけの準備をしましょう。

無駄に露出の激しい服装など、
神様だけでなく彼にもドン引きされちゃいますヨ(`・ω・´)

いざ初詣!鳥居のくぐりかた~参道の歩き方

鳥居画像

トップページ

【鳥居をくぐるとき】

まず鳥居をくぐるときには、神様のいる場所へご挨拶の気持ちを。
失礼のないように鳥居やしめ柱の前で一度立ち止まって
軽く礼
をしてから中へ入りましょう。

【参道の歩き方】

参道の真ん中は神様が通る道なので、
なるべく真ん中は避けて歩くようにするのがよいとされています。

右側を通行する場合は、右足から鳥居の中へ入るようにします。
(左側を通行する場合は、左足から鳥居の中へ。)

これは逆の足を出すと、
真ん中を通る神様に足をけり出すようになっちゃうからなんですね(^^)。

もちろん初詣などはものすごく混雑しているので、真ん中を通らざるを得ないこともありますが神様への心遣いが大事です♪


スポンサーリンク



手水(ちょうず)での、手や口を清め方

手水舎画像

長岡天満宮は撮りどころが多かった。

最近はよく常識クイズや教養系のテレビでも紹介されることが
多く、できないとちょっと恥ずかしいのが手水(ちょうず)のお作法(>_<)。

神様にお参りする際には、まず自分自身の穢れ(けがれ)を手水舎で落とすことが礼儀とされています。オトナ女子としてはさらりとこなしたいところ。

【手水のお作法】

① 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水をすくい、まずは左手を洗う

② 柄杓を左手に持ちかえて、右手を洗う

③ もう一度柄杓を右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受け、
その水で口をすすぐ。すすぎ終わったら、口をつけた左手も洗う。

④ 柄杓に少し水を入れ、柄杓を縦方向にして、その水で柄杓の柄(え=持つところ)を洗う

⑤ 柄杓を伏せて、もとの位置に戻す。

基本的に「左→右へ
洗う順番は「手→口→口を洗った手→柄杓」と覚えておけばOK!

お賽銭を納め方~鈴の正しい鳴らし方

賽銭箱画像

http://ruins.niyas.net/

神様の前まできたら、なるべく神前の中央には立たないようにして
小さく一礼しましょう。

【お賽銭のお作法】

お賽銭のやり方ですが、祓い銭といってお賽銭を投げる人もいます。
ですが、そもそもは神様へのお供え物がお賽銭に形を変えたものなので
投げない方がよいという風潮が強いです。

そもそも初詣のような人が混雑しているときにお金を投げるのは危ないですし、
社殿を痛めたりすることもあるので、お賽銭は投げずにそっと賽銭箱へ入れるほうが無難です。

【鈴の鳴らし方】

お賽銭を入れたあとに鈴を鳴らしましょう。

ときどき鈴をガラガラと派手に鳴らしている人を見かけますが、
実はこれは正しい作法ではありません(>_<)。

鳴らすのは静かに1回だけでOK。

鈴には昔から魔除けやお清めの意味があり、鳴らすことによって穢れを祓い、
神様に来たことをお知らせするという意味があります。

たしかに玄関先でチャイムをしつこく鳴らすような人は、嫌われちゃいますよねww

「二礼二拍手一礼」で拝礼

参拝イメージ図

http://blogimg.goo.ne.jp/

基本的な神様へのご挨拶のお作法ですね。

二回の礼をした後に、二回パンパンと柏手を打って、最後にもう一回礼をする、というのが
「二礼二拍手一礼」という神様へのご挨拶の仕方となります(`・ω・´)。

二拍手の時には両手をきっちり合わさずに、右手を少し下方向にずらします。
ご挨拶が終わって、お祈りをするときに両手をそろえましょう。

参拝が終って帰るときは?

帰るときは、最後に鳥居をくぐる前に身体の向きをくるりと変えて、
神社の方向に軽く礼をしてから境内を出ましょう。

ここでも感謝の気持ちを込めて、ゆっくりと礼をしましょう。
終わりよければすべてよしですね♪

初詣(普段の参拝も)は、日頃の感謝を伝える場だということを
いうことを忘れずにいれば、

無理に思い出さなくても
おのずと所作や動作も丁寧になると思います(´▽`)

どうぞ初詣がこれまでよりも
素敵なイベントになりますように♪


スポンサーリンク




参考になった!という記事があればシェアいただけると、更新の励みになって嬉しいです(^o^)

このページの先頭へ